愛知 名古屋 岐阜 三重|出張買取ならリサイクルショップ ロフトへ

ランタン 出張買取

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%bc%e3%83%bc
 

取り扱いメーカー

・Coleman (コールマン)
・IWATANI (イワタニ)
・snowpeak (スノーピーク)
・PRIMUS (プリムス)
・EPI gas  (イーピーアイ)
・Petromax (ペトロマックス)
・Optimus (オプティマス)
・Aladdin (アラジン)
・Vapalux (ヴェイパラックス)
・その他

・ガス、バッテリー、ホワイトガソリン、灯油など
・ヴィンテージ、上位機種なら高価買取致します。
・壊れている物は買取りできません。

持ち込みでの買取も大歓迎です!
※ご来店前にお電話で営業確認して頂く事をお勧めいたします。

ランタンとは

・ガソリンランタン:燃料としてガソリンを使用するもの。

・ケロシンランタン:燃料として灯油を使用するもの。

・ハリケーンランタン:燃料タンクから左右に二本の支柱で煙突部分につながる構造で、蓋のある煙突を持った荒天下でも使用できることに特徴があるものを特にハリケーンランタン(またはハリケーンランプ)と呼び実用ランプとして普及している。原型は1833年のBruno Nierの特許による。ハリケーンランタンでは二本の支柱は煙突部分から、熱せられた空気が上に昇る気流を利用し、空気を下に送ってバーナーを吹き上げるための通路になっており、強風、雨下でも安定した燃焼を行うことができる。煙突の真上にパイプが伸びていて左右の支柱に振り分けるタイプは燃焼後の暖かい空気を直接バーナーに送り込むものでホットブラスト、煙突の横から直接左右の支柱に振り分けるタイプは冷たい空気を混合してバーナーに送り込むものでコールドブラストと呼ぶ。ホットブラストは高温度の空気をバーナーに送るため精製度の低い灯油も使用できる利点があるが、白灯油を使用する一般的な使い方ではコールドブラストのほうが明るいためホットブラストはあまり普及していない。

・ガスランタン:アウトドア用のガスランタンは、小型軽量かつ調理用バーナーとボンベが共用できる。ガスランタンが登場する以前は、白灯油やホワイトガソリンを燃料とするものが主流であった。キャンドルランタン光源にろうそくを用いたもの。

・蛍光灯ランタン:光源に蛍光灯を用いるもの。電源には乾電池などを用いる。

・LEDランタン:光源に発光ダイオードを用いるもの。電源の種類としては乾電池、手動発電機、太陽電池で充電池を充電するものなどがある。近年のレジャー用・非常用ランタンは燃料式に代わって、乾電池を用いたLEDランタンが広まってきている。